ヘルペスVSバルトレックス!圧倒的強さを見せるバルシビル

第二世代抗ウィルス薬

バルトレックスとは、ヘルペスウィルスが増殖する事を抑制する抗ウィルス剤となり口唇や肌の柔らかい部位に起こる単純疱疹や帯状となり体の半分に疱疹が出来る帯状疱疹、水疱瘡等の治療に用いられれ、このウィルスは細菌とは異なるもので更にその大きさは小さく、人体の細胞内において増殖を繰り返し、表皮上や粘膜に感染初期時は無数の水膨れを作り出すのが特徴とされ、これはウィルスが暴れだす事で出来るとしており、発赤する事やピリピリと痺れた様な痛みを伴うと言われています。
バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を主要成分としており、一錠に500mgの用量で含有され、この成分は体内への吸収率が良いとされているので旧来のゾビラックスという抗ウィルス薬に比べ少ない投与回数で療治させる事が出来るとしている改良された第二世代の抗ウィルス剤とされ、細胞内に成分が取り込まれる事で転換されアシクロビルとなり作用を発揮し活性化する事によってウィルス細胞内のDNA鎖が伸長される事を阻害し増殖を抑制するとされています。
ゾビラックスは一日に五回の投与を必要としていましたが、バルトレックスであれば一日に一回から三回で良いとされ症状によってこの回数は決まるので用量と合わせて医師の指示通りに内服する事を心掛けて下さい。
又、本剤には後発薬が存在しバルシビル500という製品名で販売が行われており、ヘルペスの再発を繰り返す場合や通院する時間が無いといった方には有効となる薬で、本剤同一の成分バラシクロビル塩酸塩を500mg含有しているので同様の投与回数でヘルペス治療を行う事ができ、更に処方価格は一錠550から600円前後するだけに後発バルシビルを用いる事で薬価を抑えた治療を行う事も出来ます。
成分バラシクロビル塩酸塩の投与により起こる副作用としてはバルシビルも変わらず、下痢や吐き気といった胃や腸に症状が起こる事や発疹等の皮膚症状が起こる事も有り、人によっては目眩や頭痛が起きるという報告も有りますが発生頻度は低いと言われ妊娠中の方でも内服出来るとされているので安全性の高い薬剤となります。